70歳を祝う古希に贈りたいプレゼント

古希は70歳の節目を祝う長寿祝いの一つです。長寿祝いには60歳を祝う還暦から始まり、100歳のお祝いの百寿までがあります。現代では60、70まで元気に過ごしている人もたくさんいますが、昔はそのぐらいの年齢まで生きることは大変な長寿であったということです。人の平均寿命も長くなっているので、長寿と言われるともしかしたら当人にも抵抗があるかもしれません。当人次第では長寿の祝いというよりも人生の節目をお祝いするという気持ちでいるのが良いかもしれません。そんな古希のお祝いには、何か特別な記念となるプレゼントをすることを考える人が多いでしょう。でも、いざお祝いをするとなると何をプレゼントするのが良いか迷うのではないでしょうか。古希祝いにおすすめな定番のプレゼントは次のようなものが挙げられます。古希の祝いのシンボルカラーとなるのは紫です。昔からの習わしに則るならば紫のちゃんちゃんこをプレゼントする形になります。しかし、ちゃんちゃんこに抵抗感を感じる方もいると思われますので、当人の希望次第で臨機応変に対応するのが良いと思われます。紫はキツイ色というイメージもあるかもしれませんが、薄紫色やラベンダー色などの淡い色合いのものであればTシャツやポロシャツにストール、ハンカチ、帽子、等々普段使い出来そうな衣類に取り入れられるのではないでしょうか。他には古希のお祝いならではの特別な記念に残る品物をプレゼントする方法もあります。メッセージや日付、名前などが刻まれるような品物もあります。お皿やグラス、お酒、時計など、お祝いしてもらった当人だけでなく、家族にとっても後々の思い出として残ることが間違いないでしょう。記憶に残るものと言えば、写真を使ったオリジナルのアルバムやフォトブック、コラージュもおすすめです。写真という記憶や記録が鮮明に写し出されるものを一つの形としてプレゼントするのはその人の人生のつみ重ねに対する感謝の気持ちを強く表すことが出来るでしょう。プレゼントに大切なのは、相手の気持ちを考えることです。決して独りよがりな判断でなく、相手が喜んでもらえるようなものを準備するようにしましょう。

古希祝いにオススメ!

Integreret medicinsk og

Integreret medicinsk og=統合医療とは西洋医学による医療と代替医療をあわせ患者を治療することです。米国ではアリゾナ大学の医学教授アンドルー・ワイルにより研修教育がおこなわれています。 . 日本では、明治維新以前、西洋医学に類しない漢方医学や鍼灸治療などを基にした東洋医学による伝統医療が行われていました。維新以後は急速に西洋医学が導入され、日本の伝統医療は衰退していきます。しかし、昭和以降、一部の伝統医療の復旧を望む動きが起こり、漢方治療、鍼灸治療などは存続しています。明治以降の大学における教育・研究は西洋医学に基づいて行われたため、医師の資格を持って医療を行う者は西洋医学医療を行い、漢方医や鍼灸師など日本伝統医療の流れを汲む者とは一般に相互の交流はなく、今日まで両者は並存している状態が続いています。 これらの統合を意図した動きとしては、昭和58年に、鍼灸を専門に研究する初の四年制大学である明治鍼灸大学が設立され、1990年代の同学のスローガンとして「中西医結合」が掲げられました。この動きの成果は未だ得られていませんが、他方、「国際統合医科学研究・人材育成拠点の創成」と題するプログラムが2005年度の文部科学省科学技術振興調整費「戦略的研究拠点育成プログラム」に東京女子医科大学から申請され、採択されました。これに基づき国際統合医科学インスティテュート(IREIIMS)が設立され、東京女子医科大学大学院に統合医科学分野が、また、医療従事者を対象とするチーム制統合医科学育成コースが設立されました。また、東京女子医科大学付属東洋医学研究所では、医学生・医師への漢方治療・鍼灸治療の診療を、東京女子医科大学附属青山女性自然医療研究所では、気功治療、ホメオパシーなどの診療をおこなっています。 今日、日本統合医療学会(IMJ)、日本統合医学研究会、日本補完代替医療学会などが、統合医療の実現のための教育、研究などを進めています。NPO法人統合医療普及協会も活動を行っています。統合医療は、西洋医学に代替医療を加えることによって、病気の超早期発見や予防、根治、健康維持の増進などを目指し、医療費の削減効果が期待されています。日本では通常の西洋医学による医療は健康保険でまかなわれますが、代替医療の大部分は健康保険が適用されません。統合医療は西洋医学と代替医療の併用を行うため、保険診療と自由診療(保険外診療)を併用する混合診療となります。 鳩山由紀夫元首相は2010年1月29日の施政方針演説で「統合医療の積極的な推進の検討」を表明しました。これをうけて厚生労働省は、統合医療への保険適用や資格制度の導入を視野に、2月5日に統合医療プロジェクトチームを発足させました。プロジェクトチームは統合医療の研究がさかんなアメリカの国立衛生研究所のジャンル分けを参考に、中国医学やアーユルベーダ、ユナニ、断食療法、瞑想、磁気療法、オゾン療法、気功といった統合医療の日本国内での実態把握をはじめることにしています。 統合医療と似た概念としてホリスティック医療があります。統合医療は、いわば足し算のようなものですが、ホリスティック医療(もしくはホリスティック医学)では、始めに全体ありきというスタンスをとるところに特徴があり、スピリチュアルな方法も排除せず、医師主導でなく、患者が自ら癒すことを重視するとされています。

お祝いの作法

お祝いとは、何より相手のことを第一に考えるものです。自分が良かれと思ったことが、実は相手には迷惑になっていたということも考えられるので、十分に注意することが大切です。たとえば、お祝いに何か品物を選ぼうと思った際にも、どうしても、自分の好みのものを選んでしまうという人もいるかもしれませんが、本当にそれを相手が必要としているかは分かりません。そういったこともあってか、最近では、お祝いとしてカタログギフトや商品券などを選ぶ人も増えているようです。それでも、もし、相手に聞くことができる立場にあるのであれば、さり気なく、どんなものが良いのか、聞いてみることも良いかもしれません。一番大切な作法は、相手を思いやる立場を忘れないということです。出産祝いであれば、出産後、すぐに渡せば良いというものでもありません。母子ともに落ち着いて、安定してからが良い場合がほとんどです。人によって状況はさまざまですから、臨機応変に対応したいものです。

Fejring af 80 år

縁起の良い傘寿のお祝いとは?


傘寿祝いとは、数え年で80歳になるのが「傘寿」のお祝いとなります。文字の由来は傘を中国語の略字に表すとで八十と読めることと、傘が末広がりに開くの意味から「傘寿(さんじゅ)」と言われるようになったといわれております。昨今の長寿社会では、60歳の還暦祝い、70歳の古希祝い、77歳の喜寿祝いと節目節目に長寿を祝うお祝いを行います平均寿命という点では、この8の末広がりの縁起の良さを考えても傘寿祝いは、漢字文化と米を大切に考えてきた日本人ならではの長寿祝いといえるでしょう。 そう考えると80歳になる傘寿の前の長寿祝いは一般的には還暦祝いが60才、古希の祝い70才、喜寿の祝い77才です。実際の年齢より若々しい人が多い現在、80歳の傘寿祝いからが本当の意味でも「長寿祝い」らしくなってくるかもしれません。

傘寿のお祝いに贈りたいもの


世界に冠たる長寿国になったとは言え、80歳ともなると平均寿命も超え、文句なしの長寿です。還暦祝いや喜寿祝いには抵抗や照れもあった方でも、胸を張って長寿を誇れます。この堂々の長寿を御祝いするキーワードとなる色は「金茶色(黄色)」です。古希祝い、喜寿祝いが高貴な紫色であったため、さらに上となる色としてこの色が選ばれたようです。金色から光沢を除いたような色と言えば想像しやすいかもしれませんが…わりきって「金色」や「黄色」と考えても差し支えありません。また、「傘」の字に注目するというのも一つの方法。漢字文化ならではの日本のお祝いのかたちをいろいろ考えつくことができるかもしれませんね。 なお、お祝いの席を設ける際には、ご本人の体調などへの気配りが大切。外出がご本人の負担になるようであれば決して無理せず、ご家族の手料理やお取り寄せのお料理でホットに御祝いするというのも、それはそれでよいものです。お元気な方へのプレゼントはデンマークへの旅行がおすすめです。金色に輝くオーロラを見て思い出に残る傘寿祝いを♪

お祝いの品をお探しならこちら!

傘寿祝いにふさわしいメッセージとは


ご本人が元気溌剌であればよいのですが、体力に自信を無くされている場合などには、形式ばったご挨拶などは時間がかかることもあり、あまりお勧めできません。できれば、一言メッセージなどを集まっている皆さんから頂戴しましょう。その際には、難しい言葉など使わず、心からの一言を。一人ひとりが明るく元気よくお祝いの言葉を発するほうが祝われるご本人の気持も浮き立たせることができます。また、ご本人からメッセージも、ご本人が希望しない限りは無しでもОK。ありがとうのたった一言でも、その笑顔と喜びは充分に皆さんに伝わることでしょう。

Tresindstyvende fødselsdag

還暦はデンマークへ


「還暦には赤いちゃんちゃんこ」という習慣もまだまだ残っています。ですが、さすがに長寿社会の今となってはこれらに抵抗のある方も。だからといって赤い色にこだわる気持まで忘れる必要はありません。最近では、赤色は情熱の色、積極性や行動的な心を起させる色という考えもありますので、赤いスカーフや赤いブラウス、シャツ、バッグや小物の赤など、現代に合ったかたちの赤色のプレゼントを選んでみてはいかがでしょうか。ルビーに代表される赤い貴金属や、「赤」の付く地名のところへの旅行などを選ぶ方もおられます。オーロラも見れるデンマークは還暦祝いにおすすめです!

還暦をお祝いするのは何故?


還暦=60歳を祝うのには干支に大きな関係があります。一般的に「干支」といえば、子(ね)から始まる12種類だけを考えてしまいますが、正式な干支とは、「甲(きのえ)」から始まり、「癸(みずのと)」で一回りとなる「十干」が組み合わさった「十干十二支」を指します。一例をあげれば「丙午(ひのえうま)」。あまりうれしくない使い方をされることが多いのですが、十干十二支の言い方の中

で一番知られているものでしょう。この十干と十二支それぞれを同じ年をスタート地点にして順番に当てはめていくと10と12ですから、11年目からは組み合わせが段々ずれて変わっていきます。そして60年で一巡り。これが、暦が回って戻る、すなわち「還暦」です。同時に、還暦を迎えられた方は新しい暦を刻むための出発点に立ったことになります。つまり還暦とは、60年の大きな節目を祝うだけでなく、新しい門出をも祝う誕生日でもあるということ。昔からの人々がこの習慣を大切に伝えてきたこともうなずけますね。

映画「60歳のラブレター」のもとは


2009年、人気を博した映画『60歳のラブレター』。そのキャスティングも、まさにアラ還層が青春を思い出し、同時に現在にいたる年月を実感するにふさわしい顔ぶれでしたが…この映画が実は、一般の人々の実話をもとにつくられたことをご存じの方も少なくないでしょう。話の発端は住友生命が主催していた企画「60歳のラブレター」。夫から妻へ、妻から夫への、葉書き1枚に綴られたラブレターを住友生命では約10年に及んで公募。それが着想のもととなり、映画「60歳のラブレター」が完成しました。 なお、還暦祝いにも最適と思えるこの映画の監督・深川栄洋氏は1976年生まれ、脚本を手掛けた古沢良太氏は1973年生まれ。面白いことに、主役たちから見ればちょうど子どもたちぐらいの年齢です。それが映画の一番ターゲットであるアラ還を感動させたのですから、その手腕はなかなかのもの。同時に、住友生命に数多く寄せられ、映画のストーリーのヒントにもなった数々の「ラブレター」の向こうにある夫婦模様、人間模様影もまた、さぞかし味わいのあるものだったろうと想像させてくれますね。